2017年流行ったオススメのソファとは?

ソファの流行りについてはしっかりと調べる何かしらのきっかけがないと、中々調べる機会がないかもしれません。

一押しのソファブランド「TRES(トレス)」について調べてみました

しかし実際に調べてみるとTRESのソファでも大別して7種類のものがあるということがわかります。細かい部分のデザインを見るとそれこそ数限りなく種類がありますが、機能別に分類をしていくと家具としては7分類という分け方があるのです。

後は個別のデザインをインテリアとしてどう考えるかという問題になります。 まず最もトレスで人気があったのが両サイドにアーム、ひじ掛けがあるタイプです。見た目も良く寝ころんだ際には背もたれやまくらになります。種類も豊富でリビングに最適です。

アパートタイプにはコンパクトなソファがおすすめ

探してみると種類もかなり豊富にそろっているのが特徴です。これに対してアーム、ひじ掛けの無いデザインのものもあります。これは比較的コンパクトなものに多いという特徴があります。すっきりした見た目になりますのでコンパクトにまとめたい場合にはお勧めの形であると言えるでしょう。

和室にもってこいなローソファタイプ

続いて座面が低く作られているのがローソファーと呼ばれているものです。部屋が広く見えるのが特徴で、座椅子のような感覚でも使えます。和室にも使えるので床生活の方が良いという人にはお勧めできる家具です。これとは少し異なりますが、ベッドにもなるタイプのソファーベッドも近年よく見られる様になってきました。

トレスにはなかったが、機能性はイマイチなソファベッド

ソファーにもベッドにもなるという利便性に魅力を感じる人向けですので、どちらの機能も最高の者とはいきません。どちらかというと場所重視の仕組みを持つ家具となっており、満足できるクオリティのものを探すのは少し大変です。

足のゆったりさを追求したカウチソファ

そして足を伸ばせるのがカウチソファーと呼ばれる種類のものです。かなり大きく場所を取ってしまいますが、リラックスのためには最適の形状です。低めに作られたデザインのものは若い世代に人気がありますし、子供にも安心して使わせることが出来る人気のモデルです。 そして特殊なのがコーナーソファーとスツールです。

前者は文字通り角に置くのに適した形状のものです。このデザインが必要であるという場合に選ばれる形状であるというのが特徴です。そしてスツールは厳密には単に椅子の枠組みに入る場合もあります。背もたれも肘置きもありませんので単なる椅子の一つだと感じる人もいます。

ただオットマンとして使う場合、足のための大切なオプション部品にもなります。足を投げ出してリラックスするためには非常に重要になりますのでインテリアとしても良いものになるように見た目をそろえるのが一般的です。

まとめ

ソファ子の中で2017年大ブームとなったTRESのソファですが色々なタイプのソファがあって自分のライフスタイルにあったものを選ぶことができるので、自宅が狭いといったアパートの方や、大きめの一軒家の方にも満足して選ぶことのできると思いました。

青山のお店はオープンしたばかりなので、とても綺麗で素敵でした。一度「TRES トレス」さんにいってみて自分にあったソファを探してみてはいかがですか?

 

 

ソファ子のおすすめのソファ専門店

国産・海外産のソファブランドで、管理人がもっとも惚れたソファブランドはソファ専門店の【トレス TRES THE SOFA TAILOR】です。

デザインから国産の高級品質、お店でのサービス・メンテナンスといったアフターフォローがきめ細やかでとても素晴らしいと思います!是非一度お店にいって実際にソファに座ってみてください!

公式サイトはこちら

関連記事

国内家具メーカーカリモクのソファはどういうもの?

ソファ専門メーカー「TRES」が青山にショールームをオープンしました Vol.3...

ソファお手入れ方法と お手入れグッズをご紹介

ソファにあったラグの選び方

ニトリなどの大衆ソファと高級ソファは何が違うのか ソファが高い理由

3人掛けのソファはどんな人におすすめ? いいソファの条件を比較!