ソファの奥行きの測り方/採寸すべきポイントとは?

たくさんある家具の中でもソファの存在感は大きく、家のインテリアの雰囲気に大きな影響を与えると思われます。

特にソファ 奥行きの測り方にも注目する必要があり、採寸すべきポイントも確認しておくことで後で後悔することは少ないと考えられます。奥行きソファーの前後の寸法を表しますが、それよりも設置の距離や座り心地に着目してみると良いでしょう。

 

まず設置する場所の確認は怠ってはいけません。置けないようなサイズのものを購入してしまうほど辛いものはありません。実際にどのような感じで使うかを想像してみると、見落としてしまいがちな点を改めて認識させられることが多いでしょう。

最も失敗しやすいのがリクライニングソファーです。普段からテレビを頻繁に見たり寝転がる習慣がある人にとって、背もたれが倒れて足が持ち上がるのはくつろぐのに快感を得られるソファーであることは間違いありません。

ただリクライニングする場合は壁から最低でも30cmぐらいは離さなければ違和感が出てくることが多いのです。つまり余裕をもって30cmの感覚は確保できるような奥行きが必要になります。

それと同時に足が持ち上がるということは同じく奥行きが増えることになります。ソファ 奥行きに加えて実際に使用する面積を確認し忘れた場合は、せっかく立派なリクライニング機能が持つ魅力を発揮できない状態になるでしょう。

さらに言えば奥行きがあって座面も広いようなソファーは、何といってもリラックス感と開放感が魅力的でもあります。ごろ寝をする人にとっては座面に奥行きがあると満足感が高くなって体にストレスがなくなりやすいのです。

また、ソファーであぐらをかいてポテトチップスを食べたりなど、ソファは寝そべることに価値があると考えている人も少なくありません。だからといってソファーに頻繁に座って飲食を繰り返すような人は、余計な奥行きがあると座り心地も苦しくなりたすいです。背もたれが遠い分どうしても体も倒れてしまうので、起き上がるのは少々面倒に感じてしまいがちです。しかし座面の奥行きが広いソファーは大きめのクッションを利用して幅を狭く調整することができます。

もちろん奥行きが広い分それだけ多くのスペースを使うことは確実と言えます。どのような使い方が良いかは人によっても個人差は目立ちますが、自分の足と体の大きさをマッチさせるためにはに座り心地を把握しておくのが無難です。

店頭販売では実際に座ることできるため、事前に試してみるのが最適だと考えられます。

ソファ子のおすすめのソファ専門店

国産・海外産のソファブランドで、管理人がもっとも惚れたソファブランドはソファ専門店の【トレス TRES THE SOFA TAILOR】です。

デザインから国産の高級品質、お店でのサービス・メンテナンスといったアフターフォローがきめ細やかでとても素晴らしいと思います!是非一度お店にいって実際にソファに座ってみてください!

公式サイトはこちら

関連記事

2017年流行ったオススメのソファとは?

3人掛けのソファはどんな人におすすめ? いいソファの条件を比較!

ソファの脚ってどんな素材や形があるの?

【おすすめ】ソファとラグのインテリアコーディネート術

ソファの座り心地を重視するなら中の素材を考えるべき

海外産のソファよりも、国産ソファの方が人気な理由とは