ソファー購入まえの採寸で気をつけておきたいポイント

ソファを買うときに選ぶべきポイントとしては、価格や品質、デザイン性など人それぞれだと思います。

ただ、買うときにまず注目しなければならないところは間違いなく「サイズ」です。ソファを買うときにサイズは外せない要素ではないでしょうか。

実際に購入したソファのサイズが思っていたものと違い、大きすぎてソファを置くはずのスペースに入らなかった場合はせっかくのソファも台無しになってしまいますし、これから何十年もつかっていくかもしれないものなのでソファのサイズは慎重に選択しなければならないことです。

そこで、この記事では、購入時に大事なソファのサイズを測る方法やソファの採寸をするときに気をつけるべきポイントをお伝えしたいと思います。

ソファを採寸するときに重要なこと

最近では2.5人用や3.5人用のものまでサイズも多様化していて混乱してしまいますが、ソファ 採寸方法で注意すべきことは座面の大きさや肘掛の有無、肘掛巾の寸法の違いによって幅寸法が大分違ってくることで、幅寸法をきちんと確認する必要があります。

 

採寸しなければならない情報は全部で6つ。アームまでの高さ、座面までの高さ、座面スペースのサイズ、奥行、横幅、縦といった6項目を漏れなく採寸しなければなりません。

ネットで買うよりもやはりお店でみて買うのが一番無難

インターネットでソファを注文する際はこの6つのデータが全て載っていることは少ないので、後で後悔しないためにも現物を採寸するようにしたほうがいいです。

それと部屋のスペースにサイズが合っていたとしても、ドアを通過できなかったりするパターンが非常に多いので、実際にソファを置く予定の部屋までのルートや扉の幅や高さもしっかり採寸しておくのがスムーズなソファを買う秘訣ではないでしょうか。

 

どうしてもサイズが合わないときはオーダーという手も

また既存のものでどうしても自分の部屋のサイズにあうものがない場合は、最悪、オーダーメイドで厳密にサイズを指定して作ってもらうしかありません。

オーダーにも色々

一から作るフルオーダーと、既存のものをカスタムして作るイージーオーダーがあり、どちらを作るにしても住んでいる家の図面を渡すことで詳細なサイズ設定を提案してくれるようです。

またソファの種類やメーカーによっては分割できるものもあるため、部屋の中にはパーツを搬入して後から組み立てるという方式をとるものもあります。

このようにソファを採寸する場合は大事な6項目に関して漏れなく細かいところまで採寸する必要があり、また採寸には扉や部屋のスペースといった搬入時のことまできっちり考えて採寸しておく必要があります。

 

オーダーメイドの注意点

オーダーメイドを依頼する場合は基本的に家の見取り図など、お家の広さなどがわかるものを渡しておいた方が話し合いにおいてもスムーズにことが運び、ミスもなくなりやすいのでおすすめですし、どうしても心配であれば細かく分解ができるものを買うのも悪くはないと思います。

既製品であれば、インターネットの通販で購入するのはなく自分でちゃんと現物を採寸をするのがベターだと思います。

ソファ子のおすすめのソファ専門店

国産・海外産のソファブランドで、管理人がもっとも惚れたソファブランドはソファ専門店の【トレス TRES THE SOFA TAILOR】です。

デザインから国産の高級品質、お店でのサービス・メンテナンスといったアフターフォローがきめ細やかでとても素晴らしいと思います!是非一度お店にいって実際にソファに座ってみてください!

公式サイトはこちら

関連記事

ソファを買ったときの配送方法・搬入方法や金額は?

大阪にあるおすすめソファ専門店10選

東京にあるおすすめのソファ専門店!これを読めば本物のソファ専門店がわかる!

海外産のソファよりも、国産ソファの方が人気な理由とは

ソファを定期的にメンテナンスした方がいい3つの理由

コンパクトなソファの使い道と、どんな1人掛けソファがいいか比較してみましょう!