ウレタン素材のソファの座り心地って他とは違うのか?

ソファを選ぶ際にもちろんサイズやデザインも重要な要素となりますが、座り心地を重視する人がやはり多く見られます。ソファの座り心地を決めるのは中に詰められているウレタンといっても過言ではありません。ウレタンに関する知識を深めることによって、自分が満足できるソファーを選ぶことにつながります。

ウレタンの中には気泡のようなセルがたくさんつながっていて、ウレタンが軽く弾力性を持っているのはこの構造によるものです。一般的にソファのクッション部分には特徴が違う数種類のウレタンが組み合わされています。組み合わせの方法とウレタンの厚みによって、座り心地が決まっていきます。ソファ ウレタンの種類とその特徴確認しておくことで、座り心地や座った感触で自分の好みのそばに出会うことにつながります。

一般的なウレタンスポンジの特徴としては、柔らかいため表面近くの層に使用される、へたりやすい、比較的安価であることなどがあげられます。これは多くの人がイメージするスポンジのような素材であるため、座った時に柔らかく沈み込み体にフィットするといえるでしょう。

硬いウレタンスポンジの特徴としては、硬いので型くずれしにくく芯となる部分に使用されることが多い、へたりにくい、比較的値段が高くなるという特徴を持っています。硬い材質であるため長時間座るにはあまり向いてはいないでしょう。そのため芯となる部分以外にほぼ使用されることはありません。

最後にウレタンチップスポンジの特徴です。端材の余った部分をチップ状にして粉砕して再圧縮したリサイクル品で、チップによって表面には凹凸があり、それなりに硬さもあるため芯となる部分に使用されることがあります。比較的安価ですが、座った時にチップの凹凸に不快感を感じるので、クッション性のある座面にはあまり使用されることはないでしょう。

これらのウレタンのほかにも、クッション材には化学綿や羽毛など様々な素材が用いられています。また新素材なども開発され日々進化しているといえるでしょう。座り心地の快適さには個人差があるので、どれを購入した方がよいということは一概には言えません。ソファ専門店のオーダーメイドでは一つ一つ依頼者の要望にあわせて手作りされるので、自分好みのものに出会うことができ、多少高い値段であっても気に入ったソファを長年使い続けていくことによって、最終的にはコスパに優れたものとなるでしょう。

ソファ子のおすすめのソファ専門店

国産・海外産のソファブランドで、管理人がもっとも惚れたソファブランドはソファ専門店の【トレス TRES THE SOFA TAILOR】です。

デザインから国産の高級品質、お店でのサービス・メンテナンスといったアフターフォローがきめ細やかでとても素晴らしいと思います!是非一度お店にいって実際にソファに座ってみてください!

公式サイトはこちら

関連記事

大阪にあるおすすめソファ専門店10選

2018年おすすめソファ専門店はここだ! 各ショップの特徴まとめ

青山のソファ専門店TRES(トレス)ってどんなとこが他のソファ専門店より優れてい...

【ソファ寸法の測り方】思いつきでソファを買っちゃだめ!ちゃんとソファのサイズをは...

ソファを通販で買ったときの送料ってどれぐらい??

長く使えるソファってどんなソファ?