ソファを張り替えるってどういうこと?ソファ修理と張り替えの違い

何気なくソファと一言に言っても、ソファにはいろんなものがありますよね。ファブリックのものや合成皮革、本革のもの、それからウッドフレームなのか張りぐるみ形式なのかといった千差万別・十ソファ十色の違いがあります。

どんな丈夫なソファは少なからず消耗するものなのでカバーを張り替えたり、またボディが損壊している場合は修理に出さなくてはならず、それぞれのソファの特性によってその修理の方法も変わってくると思います。

そこで今回はソファの張り替えやメンテナンス、修理について説明していきます。

まず、ソファーの替えカバーの張り替えや修復作業に関しては基本的に購入したメーカーで請け負ってくれる場合が多いですが、NOYESなどの一部のメーカーでは他ブランドのものでも張り替えや修理を請け負ってくれます。

ソファ表面のカバーの張り替えに関しては、初めに張っていた生地と同じものを貼る必要はなく、ファブリックであったものを合成皮革に取り換えるといったことも可能です。

本革のものを使っていたが飲み物をこぼしてしまって大きなシミができてしまった、みたいな時には張り替えが必要ですがファブリック素材にしてメンテナンスを楽にするといった選択もありです。

実際、ファブリック素材のものはカバーを簡単に取り外せるものも多く、クリーニングや洗濯をして気軽に手入れができるので楽です。

修理に関してはボディの損壊などが発生した場合に、そのパーツと他のパーツを取り換えたりしてくれます。修復不能なほどに損壊することは普通はありませんが、もし不安であればNOYESの無料出張相談などを利用するのがいいと思います。

高級メーカーのソファ専門店TRESでは他のメーカーと異なり、購入後の保証期間がなく、永年のアフターサービスを請け負ってくれます。また、公式ホームページによると今までに出荷した3万台以上のソファのなかでフレーム破損の報告は0件で、圧倒的な強度と品質を有していることがうかがえます。

以上からソファ生地の張り替えとは表面の修理であり、修理というのはボディに対しての破損に対するものであるということがわかります。

前者は、メンテナンス次第ではほとんどお世話になることはありませんし、後者が必要になる使いかたは普通の人ならしないはずです。要はメンテナンスを小まめにした、大切に使えば十分長く使っていけるということです。

また、ソファにかけるお金に余裕があるのであれば丈夫で頑丈な高級ソファを購入することで永年保障サービスと絶対的な強度を誇るフレームという2大特典を手にすることができるのでお金に余裕のある人にはおすすめです。

ソファ子のおすすめのソファ専門店

国産・海外産のソファブランドで、管理人がもっとも惚れたソファブランドはソファ専門店の【トレス TRES THE SOFA TAILOR】です。

デザインから国産の高級品質、お店でのサービス・メンテナンスといったアフターフォローがきめ細やかでとても素晴らしいと思います!是非一度お店にいって実際にソファに座ってみてください!

公式サイトはこちら

関連記事

長く使えるソファってどんなソファ?

京都のソファ専門店10選|京都のソファ専門店を一挙大公開!

ソファを修理するタイミングは??どこで修理すべきか徹底検証!

関西にある国産ソファ専門店8選

ソファの価格帯はどの程度なのか?安いソファから高いソファまで

青山のソファ専門店TRES(トレス)ってどんなとこが他のソファ専門店より優れてい...