【一生物のソファを選ぶ方法】ソファ専門店での買い方や色々

ソファ選びで失敗したくない方、一度買ったら二度と買わないぐらいの勢いで一生物のソファを選ぶと後悔しません。

ソファのことはソファ専門店に聞くのが一番

ソファ専門店では、ソファー 選び方をしっかりとお伝えしています。どんな方にも喜ばれるソファを多くの方に購入していただくわけですが、一生物としてのソファ選びがとても大切だと考えています。

座り心地を決めるのは、その構造をよく知ることです。デザインやカラー、サイズなどの見た目は写真や現地で見てもよくわかりますが、構造はその仕組みを正しく知らなければ、後々後悔することが多くなります。

ソファの構造を知ればいいソファに巡り会える!

骨組みは、木製のフレームが多くスポンジ素材でカバーしてクッションを作ります。衝撃を吸収するためのバネやコイル、波型スプリングなどは、衝撃を和らげ、耐久性を高め、座り心地を決める大変重要な箇所です。

コイルスプリングやS字バネ、ウェービングベルトなどがありますが、最も座り心地のよいものはコイルスプリングです。クッション性や均一性、耐久性も高く体にも柔らかで優しい感じのするソファに仕上がっています。

座面にもクッションが使われています。ウレタンフォームの密度や硬さにより座り心地が大きく左右されます。硬すぎず柔らかすぎないヘタリの少ないウレタンならいつまでも座っていても腰やお尻が痛くなりません。

背面のクッションにもコイルスプリングが使われていることがあります。ウレタンフォームを組み合わせますが、実際に座る方の腰やお尻、背中の高さにより快適さも少し変わっていきます。

知識を増やすだけでなく実際に座ることも大事

お店などで実際に触れる機会があれば、いろいろな姿勢になって座ってみると、本当の快適さがわかるようになります。ひじ掛けのあるタイプは、お好みで選びましょう。

ティータイムや読書、寝そべってリラックスする際にも使えるパーツです。

ひじ掛けをつけないタイプは、もっと自由にくつろげる場になることは間違いありません。表面に使用されている張り地にも、本革、合成皮革、ファブリックなどがあり、それぞれにメリット、デメリットがあります。天然でも人工でも革製品であれば、長期間使用できます。

さらにお部屋に置く場合のスペースや形状、他の家具との調和などをよく考えて、お部屋にぴったりの製品を選ぶことが大切です。

一人掛けタイプや二人掛けタイプ、ベッドタイプやロータイプ、オットマンなど、用途や人数に応じて選ぶ方法があります。お部屋のベースカラーに合わせたなじむカラータイプを選ぶことも重要です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

本当にいいソファ・一生もののソファに出会うためにはやはり「ソファの知識+触る経験・座る経験」を増やすことではないでしょうか。

もし、自宅で家族と一緒に年をとっていける「家族の一員」のようなソファに巡り会えるとしたらそれはとてもいいことでしょう。

多くの人はソファを使い捨てするものと考え、極力安いものを買おうとしていますが、実際に2年や3年ごとにソファを交換するよりもしっかりとしたいいものを何十年も使い続ける方がコスパがいいと思います。

また、ソファへの愛着が家族全員で増していくことで自然とソファのあるリビングに集まってくるような環境を作り出せることはとてもいいと思いますので、ぜひ皆さんも自分の家庭にあったソファを選んでみてください!

 

ソファ子のおすすめのソファ専門店

国産・海外産のソファブランドで、管理人がもっとも惚れたソファブランドはソファ専門店の【トレス TRES THE SOFA TAILOR】です。

デザインから国産の高級品質、お店でのサービス・メンテナンスといったアフターフォローがきめ細やかでとても素晴らしいと思います!是非一度お店にいって実際にソファに座ってみてください!

公式サイトはこちら

関連記事

ソファをクリーニングすることは可能なのか?

【納得】国産ソファ専門店のおすすめソファBEST3 ここで買えば間違いなし!

ソファを評価するときの基準となる要素とは

ソファを買うときに悩む「ソファの相場」についてざっくり比較してみた

お部屋をコーディネートするときはソファから始めるとしっくり決まる!

おすすめの木肘ソファ3選