ソファを定期的にメンテナンスした方がいい3つの理由

ソファを購入した後は使用するだけになり、メンテナンスを疎かにしてしまう人が多いです。簡単な掃除ぐらいはする人もいますが、傷んだ部分を定期的にチェックするような人は稀です。

あまり長持ちさせる気はなく、消耗品であると割り切って使用する傾向が見受けられます。

使い捨てソファはやめましょう

しかしこの傾向が見られるのは最近の日本人だけのことであり、世界的には定期的にメンテナンスをするのが普通です。このような違いが生じるのは、日本人が手入れの重要性を理解していないといったことと、安価なソファを購入しているといったことに他なりません。

逆にいうと、その理由を正しく理解しておくとメンテナンスをする意欲が湧いてくるでしょう。

ソファを理解することでメンテナンスの楽しさが生まれる

ソファの素材にはさまざまな種類がありますが、どのような素材であっても乾燥による影響を受けます。特に高級品に使われるような革素材は、人間の皮膚のように大きな影響を受けやすいです。

乾燥した状態を放置していると表面がカサカサになり、最終的には大きな亀裂が入ってしまいます。

また乾燥だけでなく、人間の分泌する汗などの体液による影響も受けやすいです。皮脂や汗が染み込むと、その部分から劣化が始まり亀裂が生じやすくなります。定期的にメンテナンスをしておくと、このような傷みに気付けるようになるでしょう。

取り返しがつかなくなる前に判明するので、わずかな修復をするだけで元の状態に戻せます。 他の理由としては、意外と簡単に実施できることが挙げられます。

 

替えカバーを使えばお手入れも簡単!

また「ソファ メンテナンス」というと、面倒なイメージを持っていないでしょうか。メンテナンスとひとくちに言っても、方法や程度は人によってさまざまです。手軽に済ませたいのであれば、替えカバーを使う方法がおすすめです。

対応しているソファでないと使えませんが、傷んだ見た目を一瞬で新しい状態に戻せます。定期的に交換する習慣を付けておけば、常にフレッシュな気分で利用できるでしょう。

大変であるという固定観念を捨てて、どのような手段があるのかを考えてみてください。 最後の理由は、古くなると味が出てくることです。壊れたり不潔な状態になったりするのは論外ですが、清潔感のある状態で古くなるとアンティークのような味わいが感じられます。

つまりメンテナンスを欠かさず使い続けると、購入時よりインテリアとしての質や価値が向上する可能性があります。ただし古くなったソファは、しっかり手入れをしないと新しいものより傷みやすいので要注意です。

まとめ

いかがだったでしょうか?以上の理由により、ソファは定期的にメンテナンスをするのが大事だと言うことがわかりましたでしょうか。日本人は古来から大事なものを長く使うといった特性があります。

ソファも同じでしっかりと選んで、気持ちのこもった大事なものを買うことでメンテナンスしようといった気持ちも生まれますし愛着も湧いてくるでしょう。

ぜひ、お気に入りのソファを探してみてはいかがでしょうか。

ソファ子のおすすめのソファ専門店

国産・海外産のソファブランドで、管理人がもっとも惚れたソファブランドはソファ専門店の【トレス TRES THE SOFA TAILOR】です。

デザインから国産の高級品質、お店でのサービス・メンテナンスといったアフターフォローがきめ細やかでとても素晴らしいと思います!是非一度お店にいって実際にソファに座ってみてください!

公式サイトはこちら

関連記事

ソファの布を張り替えるときはどこに相談したらいいのか?

【必読】ソファを長持ちさせるコツとソファがへたる理由と対策

【おすすめ】ユーザーが選んだGoodソファ

【おすすめ】ソファとラグのインテリアコーディネート術

国内・国外ソファ人気ブランド徹底比較!

北欧ソファのおすすめランキング