【ソファーを買うなら忘れちゃいけない!】ソファーの生地や素材はどんな種類があるのか?

皆さんはソファを買うときにどんなことに注目して検討していますか?

ソファーの購入を考えた時にどんな生地や素材を使っているのかということは、選ぶうえでじつはかなり重要になります。末永く使うソファーの生地こそ、その特性を理解して選びたいものです。

まず、ソファの素材を決めるためには、まずは素材独自のメリットやデメリットを知る必要があるでしょう。それらを総合的に考えたうえで、自分のライフスタイルに取り入れた際にどのようになるかを考える必要があります。

素材については主にファブリック、合成皮革、本革の三つが挙げられます。ファブリックは親しみやすく温かみのある素材と言えます。無機質な都会的なイメージとは異なり、優しさや温かみのある雰囲気が特徴です。

色やデザイン、生地など種類が豊富であること、触り心地がやさしいこと、伸縮性に優れていることなどがメリットと言えます。その中でも種類が豊富だということは大きなメリットと言えるでしょう。

豊富であれば自分の好みにぴったりのものが見つかりやすく、部屋にフィットするソファーを見つけやすいと言えます。反対にファブリックのデメリットとしては摩擦に弱いことや汚れやすいため衛生面で劣るということが挙げられます。水分などが簡単に染み込んでしまうのでシミもつきやすくなり、またにおいがつきやすいというデメリットもあります。

次に合成皮革は人工の皮素材で、本革の代用として安価なイメージを持つ人も多いかもしれませんが、人工素材であるため技術次第では良質のものも多く見られます。近年では本革との区別もつかないほど良質なものが販売されています。

メリットは価格が安いことや汚れに強くお手入れが楽なこと、種類が本革よりも豊富なことが挙げられます。人工素材なので汚れには強く、中性洗剤でお手入れできるので手軽さが非常に魅力といえるでしょう。水分が染み込むこともないので、子供やペットがいる家庭など、汚れやすい環境には良いといえます。

最後に本皮についてですが、ソファーは主に牛革を使用してつくられます。上質な触り心地が特徴で、天然素材であるため質に大きな開きがあり中には傷が付いているものもありますが、ダメージが味わいに変わるという魅力があり丈夫で長持ちします。しかし価格が高いことと、メンテナンスが面倒となることはデメリットとなるでしょう。

ソファ専門店であればすべてオーダーメードのものを購入することができるので、クッションから木の枠まで、自分の好きなデザインのものを購入することができます。トレスで自分の好みのものを作り上げることによって、部屋のインテリアにもマッチすることでしょう。

ソファ子のおすすめのソファ専門店

国産・海外産のソファブランドで、管理人がもっとも惚れたソファブランドはソファ専門店の【トレス TRES THE SOFA TAILOR】です。

デザインから国産の高級品質、お店でのサービス・メンテナンスといったアフターフォローがきめ細やかでとても素晴らしいと思います!是非一度お店にいって実際にソファに座ってみてください!

公式サイトはこちら

関連記事

【ソファ購入前に読みたい】おすすめの高級ソファランキング

2.5人掛けのソファはどんな人におすすめなのか?

おしゃれなインテリア選びはソファから選ぶのがポイント

ウレタン素材のソファの座り心地って他とは違うのか?

アパート・マンション暮らしの家庭でちゃんとしたソファをおくメリットとはいかに?

国内家具メーカーカリモクのソファはどういうもの?