ソファを修理するタイミングは??どこで修理すべきか徹底検証!

ソファも使っていれば色々とすり減る消耗品ですから、通常の家具とは違いメンテナンスや修理が必要になります。

一般的なソファーの修理とは表面を張替えのことを指していて、NOYESなどのソファ 専門店では他社のどんなソファ でも修理を請け負ってくれます。NOYESでは革の素材のものをファブリックに張り替えたり、逆にファブリックのものを革に張り替えたりすることも可能で、表面の生地の張り替えだけでなく、その他の欠損の修理にもしっかり対応してくれます。

また、NOYESでは全国どこでも無料の出張相談サービスもやっているので気軽に相談や修理の見積もりをしてみるのがおすすめです。

こういったものの修理タイミングは革であれば、革が痛んできたときにやるべきで、表面ではない部分の欠損では例えばウッドフレームのものにおいて木材の部分が欠けてしまったとか、バネがはみでてしまったといったケースの時に修理が必要になります。

ソファの修理は当然素人がやっているわけではなく、一般的にはそれを制作している職人たちが修理に対応してくれています。ですから信頼して修理をまかせることができますし、何も心配はいりません。

イタリア帰りの多数の職人を雇っているような日本有数のソファ専門店ではメンテナンスや修理において保証期間を設けておらず永年サポートという形をとっています。

実際の修理内容としてはクッション内部のウレタン交換、クッション内部のフェザー打ち直し、クッションのカバー交換、ソファ全体のカバー交換、座り心地の調整の5つのプランが用意されていますが、柔軟にどんな欠損でもサポートをしてくれるようです。

以上から考えても、どこでどのような品質のソファを買うのかで修理のタイミングは様々に変わってきます。簡単に表面の素材を革やファブリックに張り替えるだけであれば、気軽に業者に依頼すればいいと思いますし、大きな破損であれば業者と綿密に修理の見積もりをするのがいいです。

ソファ専門店で購入したものに関しては期待よりも頑丈ですし、永年かつ柔軟なサポートがついてくるので修理をするのに心配はまずいりませんが値段のほうは日本有数の高級ソファなだけあってその修理も高いでしょうから注意が必要です。

ソファ子のおすすめのソファ専門店

国産・海外産のソファブランドで、管理人がもっとも惚れたソファブランドはソファ専門店の【トレス TRES THE SOFA TAILOR】です。

デザインから国産の高級品質、お店でのサービス・メンテナンスといったアフターフォローがきめ細やかでとても素晴らしいと思います!是非一度お店にいって実際にソファに座ってみてください!

公式サイトはこちら

関連記事

ソファを買ったときに、既存ソファの引き取りサービスをしてくれるソファ専門店ってあ...

【納得】国産ソファ専門店のおすすめソファBEST3 ここで買えば間違いなし!

【もう悩まない】スッキリ収まるソファの置き場所

ソファ専門メーカー「TRES」が青山にショールームをオープンしました Vol.1...

関西にある国産ソファ専門店8選

ソファー替えカバーはいくらぐらいで買えるのか? カバー交換ができるソファ専門店は...