ソファの座り心地を重視するなら中の素材を考えるべき

ソファを購入する際に部屋の印象をがらりと変え、おしゃれに演出するインテリアと考える人もいますが、デザインではなくまずは座り心地を重要視する人も多く見られます。

それは一番の目的が座る家具であるという理由によるもので、どんなにデザインが素晴らしいソファだったとしても、座り心地が悪ければなかなか座らなくなってしまい、あとあと購入したことを後悔してしまうかもしれません。

ソファの座り心地には生活スタイルに合わせたソファの使い方や、中身の素材が大きく関係していきます。用途や座る時間の長さ、中身の素材などで大きく変わる座り心地を購入する前にしっかりとチェックしておくことが重要です。

ソファの座り心地はどんな生地を使っているのか、中にはどのような素材を使っているかによって大きく異なります。特に座り心地に関してはお尻で感じる部分が多いので、触れるだけではなく沈み込むという座面の部分が大きく影響するといえるでしょう。

そして直接的に座り心地に影響してくる部分が中身の素材であるクッション性です。クッション性は内部のウレタンフォームや羽毛などによる硬さと沈み込みのスピードなどのクッションの質によってきまるといえます。ソファーの中身に使われる素材としてはウレタンやフェザーが挙げられます。ウレタンは粘りのあるクッション性でしっとりとした沈みこみを感じることができるでしょう。比重や作り方によって硬さを自在に変えることができ、高密度のウレタンは硬めのクッション性を持ち、中密度のウレタンではあたりが柔らかく座面に使われることが多く見られます。チップウレタンでクッション性の硬さを調節することができ、ウレタンフォームと表現したとしても、実際には複数のウレタンを何層にも重ねた構造になっていてクッション性を調整しています。

フェザーは座面の一番表の層に使用され柔らかい弾力感と復元力を持っています。座った時に包み込むような柔らかな感触が感じられるでしょう。クッション素材として中身に何を使っているのかをしっかりと確認しましょう。複数の素材が組み合わされているほど、クッション性については考慮されている部分が大きいといえます。

ソファ専門店はオーダーメイドで一つずつ職人が手作りで自分にあったソファを作ってくれます。オーダーメイドすることによって、用途やライフスタイルに合わせて自分の好みの座り心地のソファに仕上げてもらうことができるので、こだわりのソファを買いたい人にはいいかもしれませんね。

ソファ子のおすすめのソファ専門店

国産・海外産のソファブランドで、管理人がもっとも惚れたソファブランドはソファ専門店の【トレス TRES THE SOFA TAILOR】です。

デザインから国産の高級品質、お店でのサービス・メンテナンスといったアフターフォローがきめ細やかでとても素晴らしいと思います!是非一度お店にいって実際にソファに座ってみてください!

公式サイトはこちら

関連記事

【もう悩まない】スッキリ収まるソファの置き場所

2017年流行ったオススメのソファとは?

大阪にあるおすすめソファ専門店10選

【保存版】本当にコスパのいいソファの選び方

へたったソファを修理することは可能なのか?

コンパクトなソファの使い道と、どんな1人掛けソファがいいか比較してみましょう!